引越が決まったら解約予告をお忘れなく。

解約予告について

解約予告について

”解約予告とは”

現在の賃貸物件を解約する際に、貸主に退去する旨を申し出ることを言います。
退去予告や解約通知など言い方が異なる場合もあります。

賃貸/売買の仲介手数料を無料にする方法

賃貸/売買の仲介手数料を無料にする方法

せっかく費用を抑えて良い物件を見つけて、申込をして入居日まで決めたのに、

退去予告出すの忘れていて今の家賃と新居の家賃がまるまる被るだなんてもったいないですよね。

なので、引越が決まった段階で早めに出しておくと、家賃の被りを減らす事ができますので費用を抑える事ができます!

驚きの斡旋力で空室改善!長期間の入居者を獲得する方法も伝授!

驚きの斡旋力で空室改善!長期間の入居者を獲得する方法も伝授!

解約予告はいつまでにだせばいいのか?

 

実は、物件によって異なります。

一般的には、解約日の一ヶ月前から申し出る必要がありまして、管理会社によっては2ヶ月前からなどバラバラです。

 

どうやって確認をすればいいの?

 

賃貸借契約書や重要事項説明書に実は↓下記のような文言が書いております。

書類を確認してもわからない場合は、直接管理会社にお問合せするのが良いと思います。

会社によっては電話で解約の旨を伝えて終わる場合と、書面を提出求められる場合もありますので、それも含めて確認しておくとスムーズだと思います。

 

どのタイミングで出せばいいの?

 

解約予告が2ヶ月前の場合は、物件を決める前に先に出した方が良いです。

次の物件が決まる前に出すのはリスクはありますが、先に出さないと単純に空家賃を2ヶ月分払わないといけなくなってしまいます。

それはもったいないと思うので、ある程度の物件希望条件が固まったら先に出しましょう。

 

退去予告が1ヶ月前の場合ですと、申込入れて入居審査が終わった後に出すと一般的には2週間ほど家賃被りは発生しますが、一番安心だと思います。

 

少しでも費用を抑えたいという方は、ある程度の物件希望条件を固めた後に、退去予告を出してから内見をして決めた方が良いです。

一般的なお話しですと、申込を入れてから2週間後には賃料が発生するような流れとなりますので、逆算すると入居希望の2週間前くらいに申込をするような計算となります。

 

なので、退去予告を先に出してから、物件を探し内見をして決めるのが一番家賃被りをなくし無駄な費用を削減できます。

 

それだと不安という方は入居審査が通ってから出すと良いと思います。

 

物件によっては、賃料発生日(入居日)を交渉で伸ばしてもらえる場合もありますので、まずは不動産屋の担当の人に相談してみてください。

賃貸/売買の仲介手数料を無料にする方法

賃貸/売買の仲介手数料を無料にする方法

 

ABOUTこの記事をかいた人

不動産業界:4年目 賃貸仲介営業  自分の利益優先ではなく、お客様と同じ目線に立って物件のご紹介をしております。 プロの目線から見た時の物件の良し悪しや初期費用を安くするコツなども全部お伝えします。