治安情報を調べる

c268f0f55c2dd05114cddd6f39059f09_s

皆様は治安情報はどちらで情報を収集しておりますか?

おそらくお友達や親戚、インターネットの口コミ、不動産会社からの情報など参考にしているのではないでしょうか?

 

当社がお勧めしているのは警視庁が公開している「犯罪情報マップ」です。

●犯罪情報マップ

http://www2.wagmap.jp/jouhomap/Portal

 

こちらでは「侵入窃盗」、「車上ねらい」、「自動車盗」、「オートバイ盗」、「自転車盗」、「粗暴犯」、「万引き」については、発生件数を色分けして表示しています。

「全刑法犯」をもとに治安が良い場所の選択にも十分に利用することができますし、ご自身が過去に嫌な犯罪にあった事例があればその犯罪が少ない場所を選択する時にも非常に参考になるかと思います。

 

また女性やお子様が不審者に声を掛けられた場所情報も公開されておりますので、

街灯が少なく夜道が怖い地域を選択する際などにご参考頂ければと思っております。

image7

私どもの会社がいつもお客様にお伝えしていることは治安情報は街の開発や人口の増減、需給のバランス等によって永続的に変わっていくものと思っております。

ですのでこの場所は治安が悪いという決めつけではなく、「犯罪情報マップ」などの根拠のある情報をもとに正確な情報をお客様に発信しております。

ぜひ、皆様も有効活用して頂きまして場所の選定の際にご参考ください。

 

こちらの広告をクリック→友だち追加で担当者へ直接相談ができる!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

イールームリサーチ 株式会社EarthRevo 代表取締役 資格 宅地建物取引士 高校を卒業して専門学校へ通うため東京へ上京、20歳にして飲食店店長などの経歴を経て、22歳の時に不動産仲介会社へ就職。 その就職した会社にて不動産業者の慣例・慣習があまりにもひどく衝撃を受ける。 のち不動産実務を経験し27歳の時に独立。 2012年にTV出演にて不動産業界の悪い慣例・慣習を暴露。オンエア後に同業他社よりクレームと抗議の連絡を受ける。 そのことにより業界の仕組みを完全に変えないといけないと心から誓う。 不動産業界の健全化を強く願い実現するべく現在も奮闘中。