首都圏を中心とした電車の初乗り運賃を調べてみました

首都圏を中心とした電車の初乗り運賃を調べてみました

nakanohonne

ホンネ不動産journalの編集部です。私たちは「仲介手数料0円〜契約できるホンネ不動産」をやっています。不動産屋だから知ってる情報や、地域エリアの情報をメインに発信しています。

電車の初乗り運賃はどこが安いのか?気になったので調べてみました

山手線の初乗り運賃はいくら?!
山手線の初乗り運賃はいくら?!

皆さん、電車の初乗り運賃をご存知ですか?

SuicaやPASMOなどのICカードの普及によって券売機で切符を買う事が少なくなり、初乗りの運賃を知らない!という方も多いのではないでしょうか?

そこで、首都圏を中心とした鉄道会社の初乗り運賃を調べてどこが安いのか?ランキングにしてみました。

ICカードを使っている人の方が多いと思うので、ランキングはICカード利用時の金額で比較しています。

【初乗り運賃のランキング】

1位 京王電鉄・小田急電鉄・東急電鉄 124円
2位 JR東日本・京成電鉄・京急電鉄  133円
3位 東武鉄道・西武鉄道・相模鉄道  144円
4位 東京メトロ           165円
5位 都営地下鉄           174円
初乗り運賃 最安は124円
初乗り運賃 最安は124円

1位は京王電鉄・小田急電鉄・東急電鉄の3社。初乗り運賃が124円でした。

4位5位の東京メトロや都営地下鉄とは40円から50円ほどの差があります。

少し高いかな?と思いますが、JRや他の鉄道会社の初乗りの区間が3~4キロとなっている中で、東京メトロにおいては初乗りの区間が6キロとなっています。

東京メトロ 初乗り区間
都営地下鉄 初乗り区間

東京メトロの最長区間は28キロ~40キロで、運賃は330円と長距離で比較すると一番安くなります。

初乗りは高いですが、ちょっと遠くまで行く時は良いですね。

いかがでしたか?

沿線によって初乗りの運賃がだいぶ変わってきます。

交通費のコストを見直す際にはぜひ参考にしてみてください。

これから引越す予定の人へ

当サイト運営の「ホンネ不動産」なら、不動産業者だけが見れる更新が早い物件情報サイトを一緒に見ながら物件を選べるので、理想の物件を見つけやすく時間もお金も無駄にしません!

さらに、ホンネ不動産は仲介手数料が0円から。およそ家賃1ヶ月分の初期費用をまるっと節約できます。来店も不要なので、遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けず不安に思っている方や、営業トークではなく”本音のアドバイス”を聞いて物件を選びたいという方にもオススメです。

▼こんな人におすすめ

  • お部屋を借りる初期費用で損をしたくない
  • 信頼できる不動産屋で部屋を探したい
  • 効率よく物件を探したい

失敗しない物件探しはこちら

↑仲介手数料0円から物件選べます↑

 

  • この記事を書いた人

nakanohonne

ホンネ不動産journalの編集部です。私たちは「仲介手数料0円〜契約できるホンネ不動産」をやっています。不動産屋だから知ってる情報や、地域エリアの情報をメインに発信しています。