検索サイトの情報を鵜呑みにするのはやめましょう

不動産を探すときの駅や条件を入力する画面

不動産を探すときの駅や条件を入力する画面

 

先日、ご契約を頂きましたお客様のことなのですがインターネットの検索サイトより

ご指定を頂きました物件で内覧をして決定して頂きました。

 

そちらの物件はオーナーから手数料を1カ月分、頂けるお部屋で仲介手数料も無料でご紹介できました。

ただ契約前にプロパンガスということが判明しました。

 

図面などにも記載がなく、仮に当社ではプロパンガスの場合は料金が高くなると必ずお客様へお伝えしている内容だったのですが…..

大変に申し訳なく契約締結しなくても良かったのですが退去申請など行っておりそのような状況ではございませんでした。

 

過去のガス関係の為になる情報をご参照ください。

都市ガスとプロパンガス

プロパンガス(LPガス)料金 透明化へ

都市ガスの自由化

 

何故、お客様は都市ガスと認識していたかというと検索サイトで誤った情報が公開されていたからです。

それはCMなど公開されてるところですとお客様も信用してしまいますよね…..

 

都市ガスにチェックを入れて検索してみる

都市ガスにチェックを入れて検索してみる

 

ちなみに大手検索サイトで再度、その物件を都市ガスの条件で調べたら…

まだ本当はプロパンガスなのに都市ガスと公開している業者がいるのではないですか!!!

 

プロパンガスの物件にも関わらず、都市ガスと入稿している会社が!

プロパンガスの物件にも関わらず、都市ガスと入稿している会社が!

 

このようなことが起こる可能性が御座いますので

検索サイトの情報を鵜呑みにするのはやめましょう!

 

また当社にご依頼を頂く時は必ず必須なものをお伝えください!

 

 

検索サイトで同じ物件がいろいろな会社より公開されている理由

インターネットでお部屋を探す時の注意点「検索サイト編」

ABOUTこの記事をかいた人

角名達矢

イールームリサーチ 株式会社EarthRevo 代表取締役 資格 宅地建物取引士 高校を卒業して専門学校へ通うため東京へ上京、20歳にして飲食店店長などの経歴を経て、22歳の時に不動産仲介会社へ就職。 その就職した会社にて不動産業者の慣例・慣習があまりにもひどく衝撃を受ける。 のち不動産実務を経験し27歳の時に独立。 2012年にTV出演にて不動産業界の悪い慣例・慣習を暴露。オンエア後に同業他社よりクレームと抗議の連絡を受ける。 そのことにより業界の仕組みを完全に変えないといけないと心から誓う。 不動産業界の健全化を強く願い実現するべく現在も奮闘中。